遺伝だけで身長が決まらない!

身長は遺伝だけで決まるものではない事は歴史が証明している!

身長は遺伝によっても大きく影響しますが、遺伝以外にも身長の決まる要因もまた大きいものです。

 

 

戦後の日本人の平均身長は飛躍的に伸びてきた理由としては、やはり栄養の事情が大きく変化したからです。

 

 

特に、4歳までの栄養事情が大きく関係していると考えられます。

 

 

1950年の日本人の1日あたりの肉類の摂取量はわずか8.4gでしたが、それが今では80gにまで増えています。

 

 

また、乳製品、卵、魚介類の摂取量も大幅に増えています。

 

 

逆に、穀類や芋類の摂取量は減少してきています。

 

 

その結果、炭水化物、脂質、たんぱく質の3大栄養素の割合が大きく変化してきたといえるでしょう。

 

 

何が大きく変わったといえば、やはり身長の大きく影響するたんぱく質の量が大幅に増加したということが平均身長の伸びに貢献しています。

 

 

アスミールに含まれている良質なたんぱく質が含まれているのはやはり身長を伸ばすためにはたんぱく質が大事だからなんですね。

 

 

さらに、正座から椅子の生活へとライフスタイルが変化したことも、平均身長の伸びとは無関係ではなさそうです。

 

身長を伸ばしたいなら正座はしない方が良い?

長い間正座をすると、足の骨に過重な負担がかかることになりますが、成長期に骨が伸びようとする力を抑えつけてしまう可能性があります。

 

 

さらに、足の血管も圧迫されることになり、必要な栄養が骨端線にまで行き届きにくくなります。

 

 

今の若者たちは、親の世代に比較して座高が低く、足が長くなっているのは、正座をしなくなった事によって、足の伸びがと言える一因として考えられます。

 

 

こうした事から考えられる一つの結論は、身長の伸びというのは、遺伝だけによって決まるものではなくて、遺伝以外の後天的な要因によっても大きく影響される、という事です。

関連ページ

身長が伸びるメカニズムとは?アスミールにコラーゲンが含まれている理由。
身長はどのようにして伸びるのでしょうか?そのメカニズムについて考えてみましょう。それと、アスミールにコラーゲンが含まれている理由って知ってますか?
子どもの好きなものを食べさせる事は栄養バランスよりも重要?
子どもに好きなものを食べさせていますか?栄養バランスのことを考えすぎていませんか?
思春期のホルモンと身長
思春期に分泌されるホルモンは身長と深くかかわってます。
知らないと損する生活スタイルと身長の関係!アスミールを最大限に活かすために。
生活スタイルもまた身長の伸びと関係しています。知らないと損するチェック事項!アスミールを最大限に生かしていくためにも重要!