身長が伸びるメカニズムとは?アスミールにコラーゲンが含まれている理由。

身長が伸びるメカニズムのポイントは「骨端線」にあり。

手足にある長い骨を「長幹骨」と言いますが、大人の骨とは違い子どもの長幹骨には、両端に「骨端線」と呼ばれる薄い層があります。

 

この骨端線は軟骨組織でできているのですが、ここにある種の科学反応が起こると、骨はぐんぐんと伸びていきます。

 

子どもの身長は、骨が縦方向に伸びる事で高くなりますが、身長が伸びるというのはまさに骨が伸びていく事そのものです。

 

骨端線には「軟骨芽細胞」と呼ばれる細胞が存在していて、この細胞が分裂増殖することによって軟骨細胞になり、さらにアミノ酸を取り込んで、自己の細胞内で骨の元となるコラーゲンを作り出していきます。

 

軟骨細胞がどんどんコラーゲンを生み出して肥大化する事によって、骨はぐんぐんと伸びていく事になるんですね。

 

では、何が骨端線の細胞に働きかけて、骨の成長を促しているのでしょうか?

骨端線の細胞に働きかけているホルモン。アスミールにコラーゲンが含まれている理由。

骨端線に働きかけているのは、成長ホルモン、甲状腺ホルモン、性腺ホルモンの3つのホルモンです。

 

 

これら3つのホルモンが骨端線に働きかけると、軟骨細胞が盛んにアミノ酸を取り込み、コラーゲンを作っていきます。

 

 

コラーゲンというのは簡単いえば、たんぱく質でできてヒモ状の繊維質です。

 

 

骨端線でたんぱく質のヒモが紡がれては折りたたまれ、骨の本体となるコラーゲンが作られていきます。

 

 

このコラーゲン線維の隙間に、カルシウムやリン、マグネシウムなどが吸着することによって、硬い骨へとなっていくんですね。

 

 

骨端線の軟骨細胞のなかで、どんどんコーラゲンを作り出す事で、骨は縦に伸びていくというわけです。

 

 

だからこそ、アスミールにはコラーゲンも含まれているんですよ。他の成長飲料やサプリでは珍しいかも知れないですが、コラーゲンってとても大事なんです。

 

 

ただし、骨端線はいつまでもあるわけではありません。思春期の後半にもなると、次第に軟骨芽細胞の増殖が衰えていきます。

 

 

すると、軟骨層(つまり骨端線)そのものが少しずつ硬い骨に置き換わっていきことになります。

 

 

完全に骨になると、骨端線は消えて、骨の伸びも止まりません。

 

 

子どもの身長を高くしていく為には、骨端線のある間いに、できるだけ成長反応を促進すしなくてはいけない、という事ですね。

関連ページ

子どもの好きなものを食べさせる事は栄養バランスよりも重要?
子どもに好きなものを食べさせていますか?栄養バランスのことを考えすぎていませんか?
思春期のホルモンと身長
思春期に分泌されるホルモンは身長と深くかかわってます。
遺伝だけで身長が決まらない!
遺伝によって身長が決まる、というのは嘘!
知らないと損する生活スタイルと身長の関係!アスミールを最大限に活かすために。
生活スタイルもまた身長の伸びと関係しています。知らないと損するチェック事項!アスミールを最大限に生かしていくためにも重要!